過払い金を取り戻して借金返済を目指そう【残高を相殺させる】

返済中でも請求可能

天秤

借金が減額できる

過払い金請求は、本来は完済をしている債権で行う手続きなのですが、現在貸金業者を利用している最中であり借金返済をしている状態であっても請求すること事態は行えるのです。完済している債権と違って、残高がある借金返済中のまま過払い金請求を行うにはいくつか注意点があるのです。完済している債権であれば、多くの法律事務所で着手金無料で手続きを代行してもらうことができます。借金返済中の債権であると、着手金が1社ごとに発生します。そして、過払い金を請求したけっか現在借金返済の残高がゼロになる、または残高以上に過払い金額が多ければ現金として戻ってくることになります。ところが、過払い金は発生していたが借金残高のほうが大きく借金を減額するだけにとどまった場合は、今後も残債を継続して返済していくことになります。こうなると過払い金請求の手続きではなく、任意整理の手続きとなってしまいますので、信用情報機関にも事故情報として登録されてしまうデメリットがあるのです。事故情報が登録されてしまうと、今後5年間はローンを組んだりクレジットカードを作成することが難しくなります。そのため過払い金請求の手続きをするには、完済をしてから行うのが圧倒的に有利なのです。しかし、残高がある状態であっても過払い金で借金がゼロにできれば事故がつかないわけですから、弁護士と相談してシミュレーションしてもらってから着手してもらうかどうか決めることもできます。